×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホームページの作り方 >> ホームページ作成編 >> 2種類のファイル

ホームページ作成編 03.2種類のファイル

さあ、ホームページを作成するための紙と鉛筆は手に入れました。
作ったファイルをしまっておくフォルダも手に入れました。
それでは、紙になんと書けばいいのでしょうか?
パソコンの画面に思ったとおりの表現をする為の「言葉」があります。
HTML と CSS
これがその言葉です。簡単なのかなぁ・・・

HTML と CSS 同時に覚えていきましょう!

通常、私たちが日本人の友達に何かを伝えたい時どうするかといえば、紙に書くにしろ話すにしろメールを打つにしろ日本語を使いますよね。
それは、伝える人と伝えられる人が両方とも日本語を理解しているからですね。(あたりまえか・・・)
では、日本語の分からない外国の人に何かを伝えたかったら・・・
ホームページにもホームページの世界の言葉があります。
実は、その言葉にも色々な種類があるんですが、まずは二つの言葉を覚えていきましょう!

1.CSSファイルを作ろう!

htmlファイルが出来ました!

これで、htmlファイルがあなたの手中に!
このファイルにこれから色々と書き込んでホームページを作成していきましょう!

そしてもう一つファイルを作っておきましょうか。
「index.html」ファイルを作った方法と同じ要領で、「homepage」フォルダにstyle.cssというファイルを作ってみてください。

これがCSS ファイルです。

これは、「style」言う名前の「.css」という種類のファイルですね。
これで、ふたつの種類のファイルを手に入れました。
勿論、二つのファイルともまだ何も書き込んでいないので、中身はありませんね。

2.HTMLとCSSの役割

二つの種類のファイルにはホームページを作っていくうえで、それぞれの役割があります。

HTMLファイルは、ホームページの元となるファイルです。
ホームページとしての色々な宣言や、ホームページのタイトルを記述したり、文字や画像を表示させていく為のファイルです。又、打ち込んだ文章を段落わけしたり、重要な部分としての意味付けを行ったりします。

CSSファイルは、ホームページのスタイルを決めていく為のファイルです。
HTMLファイルで打ち込んだ文章や画像をどういう配置で表示させるかを決めるファイルです。
例えば、文字の色や大きさ、字体等を変えたり壁紙を指定したり、要するに人が見たときに、見やすくて綺麗なホームページにする為のファイルなんです。

HTMLファイルとCSSファイルの役割、分かりましたか?よく分からない?
でも大丈夫!
ここでは、とにかく「HTML」と「CSS」という2種類の紙(ファイル)があってそれぞれ役割があり、お互い密接な関係にあるんだな位に覚えときましょう!

それでは、いよいよホームページを作っていきましょう!

実は、ホームページ関係のファイルの種類(言語の種類)はHTMLとCSSだけではありません。
HTMLが元になることは間違いないのですが、他にもJavaScript,peal等色々なものがあります。
でも、まずはHTMLとCSSを覚えましょう・・・というかこれらを覚えれば、結構楽しいホームページが作れると思いますよ。
実際、このホームページも折りたたみメニューの部分以外は、HTMLとCSSだけで成り立っています。
折りたたみメニューの部分はJavaScriptという言語で書かれているのですが、無料でプログラムを配布しているサイトがたくさんあります。
画像素材なども無料で配布しているホームページは探せばたくさんあります。
色々な素材を頂く時には、ホームページごとにルールが違いますので、必ずそのホームページの注意書きを読んで下さいね!

キャンバストートバック ■HAPPY COIN■ ナチュラル/イエロー

サイズ:約
370mm×360mm×110mm
(縦×横×底マチ)
25mm×470mm(持ち手)
内容量:約10L
材 質:綿100%


<送料>
ゆうパック 一律500円
沖縄県1000円
メール便 一律160円

 
別窓で開く便利な検索窓です。どうぞご利用下さい!
カスタム検索