×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホームページの作り方 >> 便利なソフトのご紹介 >> 画像の切り取り

便利なソフトのご紹介 05.画像の切り取り/トリミング

画像の一部を切り出すことをトリミングといいます。
トリミングをすると撮った写真のお好きな一部を取り出せます。

画像をトリミングして好きな部分をホームページに掲載しましょう!

トリミングをして画像を切り出そう!

デジカメで撮った写真等をホームページに掲載する時、写真の一部分だけ使いたいときがありますよね。 紙の写真だったら、はさみで切ればOKだけどホームページの世界ではそんなわけにはいきませんね! 画像の一部分を切り抜くことをトリミングといいます。
このページはトリミングについての話のページです。

1.「ペイント」を使ってみよう!

例えば、左の写真のそばの部分だけをホームページに載せたいとき右の写真のようにその部分だけを切り取ることをトリミングといいます。
元の画像 トリミングされた画像

簡単なトリミングは、リンク用バナー のページでご紹介した「ペイント」で行うことが出来ます。

1-1.ペイントを使おう!

「ペイント」を起動して、「編集(E)」→「ファイルから貼り付け(F)」でトリミングしたい画像を選択し、画面左の「選択」(ファイル(F)の下の点線の□マークを押して、切抜きしたい部分を点線で囲みます。

次に、点線の内側(切抜きしたい部分の画像)にカーソルをもっていき右クリック→「コピー(C)」を押します。

※この時、「コピー(C)」を押さずに「ファイルへコピー(O)」で、トリミングした画像をおいておきたいフォルダを選択しても切り取った画像は保存できるのですが、ファイルの形式がなぜか「bmp」になってしまいます。「bmp」はインターネットにアップできないことはないんですが、あまり適していないので、「jpg」等に変換しなくてはなりません。画像の変換ソフトは後にご紹介するつもりですが、ここでは、「ペイント」のみを使っていきたいので「コピー(C)」を押しておいてくださいね。

「コピー(C)」を押した後、「ファイル(F)」→「新規(N)」を押すと「無題への変更を保存しますか?」と聞いてくるので「いいえ」としておきましょう。
すると再度「ペイント」の初期画面になります。ここで「編集(E)」→「貼り付け(P)」

これで、抜き取りたい部分が表示されましたよね!
後は、「ファイル(F)」→「名前をつけて保存(A)」でトリミングした画像を保存できます。意外と簡単にトリミングは出来ますね!


1-2.ペイントの注意点

ここで、「ペイント」を使うときの注意点をいくつか挙げておきますね。

1-2-1.台紙(キャンパス)の大きさについて
「ペイント」を使って絵を描くときなどは、その絵の大きさに合わせて台紙(キャンパス)の大きさを決めればいいのですが、上の方法等で画像をファイルから貼り付けるとき、台紙の大きさは小さめにしておきましょう。
台紙が貼り付けつける画像より大きいとなぜか余白が残ってしまいます。
台紙が貼り付けつける画像より小さいと、貼り付ける画像に合わせて台紙も拡大してくれます。
台紙(キャンパス)の大きさは、「変形(I)」→「キャンパスの色とサイズ(A)」で変更できますよ!
1-2-2.画像を保存する時の名前(拡張子)について
「ペイント」で作った画像を保存する時に「ファイル名(N)」と「ファイルの種類(T)」を設定する必要があります。
この時「ファイル名(N)」の欄に拡張子を書かないでファイル名だけを記入しても「ファイルの種類(T)」を選択してあれば、保存は出来ますが、なぜか拡張子が大文字になってしまいます。
例えば「osoba」という画像を保存する時、「ファイル名(N)」に「osoba」と記入すると保存されたファイルは「osoba.JPG」となります。
場合によっては、この画像がインターネットで上手く表示されない場合があるんです。
「ファイル名(N)」に「osoba.jpg」と拡張子も入れておけば画像も「osoba.jpg」として保存されるので、「ファイル名(N)」には拡張子も記入しておいた方がいいですよ。

トリミングが出来るソフトも他にも色々あります。
いろいろ探してみてくださいね。

マグカップM ■トリさん■  ホワイト/ライトグレー

サイズ:約
 口径78o×高さ90o
重 量:約260g
全容量:約300t
材 質:陶器


<送料>
ゆうパック 一律500円
沖縄県1000円

 
別窓で開く便利な検索窓です。どうぞご利用下さい!
カスタム検索